スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長距離交易中の小商売 

こんばんわ クロークスタットです。

いまのところ長距離交易に励む毎日です。
ナガサキでの南蛮貿易を始めたころは、北欧名産品を積んで
アムステルダム→ブエノスアイレス(琥珀クエスト納品)→リオデジャネイロ→ナガサキ
という、ホールン岬を回り太平洋経由で向かっておりました。
が、如何せん過積載気味の船は、喫水深めであまりにも遅く閉口することと、オランダ植民地周りの交易品でもそれなりの交換レートを提示してくれることが解りましたので、少し交易ルートを変更してみることにしました。

リオデジャネイロまでは同じですが
リオデジャネイロ→リマ(砂糖クエスト納品)→トゥンベス(インカローズクエスト納品物購入)
→ディリorテルナーテ(南蛮貿易品目購入)→ナガサキ
というルート。

EU出航時にEU名産品を11種ほど購入し、リマかトゥンベスで売却、20箱少々のインカローズと物資のみで東南アジアまで太平洋を横断しています。

で、途中のリマかトゥンベスで捌くとこんな感じの小商売です。
20100109-01.jpg
行きはソウソウ儲からないですねぇ
でも、こんなモウケでも交易経験8100を得ることが出来、カテ書ももらえます。

しっかし、ウイスキーだのアクアビットだのフランネルだのを作り、名産品をそろえるのに45分くらい掛るのと
リマ、トゥンベスに寄ることを考えると・・・。

ムシロ、より時間がかかっている気がしますorz
その時間を南蛮交易に向けたほうがイインじゃないかと思わないでもなかったり・・・。
カテ書ががっぽり手に入るからいいのかなぁ…。

なんとはない納得をして入るのですが、気に食わないことが1つと懸念が一つ。
気に食わないこと
クエストの都合により、毎回ホールン岬経由で飽きること。
懸念
南蛮貿易儲かり過ぎ?そのうち修正するんじゃないかと思うこと。


コレを書いていて思い出したこと
昔(2007年1月)のスクショを確認してたら、セイロンに10種投下して1Mチョイのモウケで
取得経験が6400、あそこは酒類が売れないので名産集めが、大変だったなぁ…。
それでも納得してた昔が懐かしい。


この存在を忘れてました ドーゾよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2010/01/09 03:12 ] 間の抜けた日々 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guzuguda.blog17.fc2.com/tb.php/228-d981171f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。